Dr.あいの皮膚科診療ブログ

板橋区の志村三丁目皮フ科で診療しています。

☆フットケア外来☆ 始まります!

なんとなんと、4月より第2・第4水曜日の午前中、東京医科歯科大学のフットケア外来でご尽力いただいた装具士さんが、志村三丁目皮フ科に来て下さることになりました。

f:id:pussinboots71717:20200331175525j:image

 

外反母趾で靴選びに困っている方、

タコや魚の目がなかなか治らない方、

陥入爪の治療しても再燃を繰り返す方、

 

オーダーメイドのインソール作成や適切な靴のご用意、歩き方の指導等で、ご対応いたします!

 

皮膚科診療をしていて、よくあるご質問ですが、

魚の目やタコ、手術で取り除いちゃえばいいんじゃないでしょうか‥?

それで解決はしないことが大多数だとご説明しています。

そこに魚の目やタコがあるのは、長年培った足の変形の結果なので、根本的なアプローチをしないと解決には近づかないのです。

正しい歩き方と正しい靴の選び方とインソールの導入をすることで、改善したり悪化を予防できると考えています。

もっと言えば、足が変形する前に、それらの指導や情報の普及を‥と願っております。

 

今回、フットケア診療には欠かせない、足の装具に熟知した装具師さんが来てくださることになり、とても心強いと思っております!

 

初回は4月8日です。

足のトラブル、是非ご相談ください!

f:id:pussinboots71717:20200331175530j:imagef:id:pussinboots71717:20200331175534j:imagef:id:pussinboots71717:20200331175538j:image

糖化度測定会を当院で行いました✨

糖化度の無料測定会を行いました!

 

今老化の原因として話題の糖化‥

 

食事などで摂取した余分な糖質が体内のタンパク質と結びついて、タンパク質が変性・劣化してしまう状態です。

ホットケーキの焼き色のイメージです。

 

糖化によってできる物質を「AGEs(最終糖化産物)」といい、これが体内に蓄積すると、老化を早める原因となってしまいます💧

 

骨は弾力に欠けて崩れやすくなり、皮膚ではたるみや黄くすみの原因になります。

 

この糖化度、生活習慣に依存します。

甘いが好き!

ご飯やパン、麺類大好き!

運動あまりしない!

ストレス多い!

などなど‥血糖高まりそうな項目が並びます。

 

このAGEs、一度たまると、排出は基本的には難しいとされています。

 

今、測定してもらって、現実をしって

食い止めるしかないと‥

 


f:id:pussinboots71717:20200307191533j:image

f:id:pussinboots71717:20200307191538j:image

普通でした。

二回やっても同じく。

 

もう少し上位なんじゃないかと、無駄に謎の自信があったんですが‥

生活習慣の改善って‥。運動そこそこしてますし、甘いのあまり食べませんし、お米やパンも控えてますし、タバコ吸いませんし、皆様のおかげ様でそんなにストレスフルでありませんし‥

 

これはサプリを飲むしかないということですね。

あ、アルコールは控えなきゃですね。

 

数年後再測定してみたいと思います!

 

糖化を抑えることができるこのサプリ、数量限定でお求め安くなっています。

今回の測定会でがっかりされた方、是非とも一緒に始めましょう。

f:id:pussinboots71717:20200307193311j:image

今日来院いただきました患者様、測定会へのご参加、誠にありがとうございました!

明けましておめでとうございます!

令和2年となりました。

あけましておめでとうございます。

 

昨年オープンして、早くも一年経とうとしております。

 

昨年はクリニックオープンのため、慣れない仕事で色々と慌ただしくしておりましたが、スタッフの皆様に助けられ、無事今年を迎える事ができました。

手際が悪く、患者様の皆様にはご迷惑をおかけしたことも多々ございました。

反省を生かしつつ、今年はより良いクリニック目指して、スタッフ一同頑張ります!

 

私事ですが‥

キロロで初滑りしてまいりました。

f:id:pussinboots71717:20200106162440j:image

 

昨年、どさくさに紛れて獲得したワインエキスパートのバッチです。

皮膚と関係ないけど、何か嬉しいです✨

勉強中、世界旅行している気分になれましたよ🌍

f:id:pussinboots71717:20200106171618j:image

 

今年の個人的な目標は、漢方と栄養療法の知識をさらに高めていく事です✨

当院ではベースは西洋医学での治療ですが、一般的な西洋医学とは違った観点からの治療を今後も提供していきたいと思っております。

ご興味あればお声がけ下さい。

第83回日本皮膚科学会東京・東部支部

f:id:pussinboots71717:20191116162800j:image

本日土曜日、代診をお願いして、学会に行って参りました。

と言いますのも、フットケアのハンズオンセミナーで、初めてのファシリテーターをさせていただくためでした。

終わってみると、反省点でいっぱいです‥

 

セミナーは、靴の専門の先生や、歩き方をご指導くださる先生の講義や実習もあり、非常に充実した内容でした。

 

本日でも強調されていたことは、巻き爪等の足のトラブルは、患部のみの問題でなはいということです。

歩き方や靴が不適切で、足の変形が起こり、その結果痛みの出るトラブルが起こってます。

 

通院されている方々には、少しづつお伝えはしていますが、お伝えしきれないことも多く‥

 

こちらを読んでいただければ、理解が深まるかと思います!

フットケアケア等でご指導頂いている高山先生の著書です。

 

高山かおる
皮膚科医が教える本当に正しい足のケア かさつき・巻き爪・たこ・外反母趾https://www.amazon.co.jp/dp/4259564137/ref=cm_sw_r_cp_awdb_c_JXs0DbZEC1972

 

 

https://www.amazon.co.jp/kindle-dbs/author/ref=mw_dp_a_ap?_encoding=UTF8&author=%E9%AB%98%E5%B1%B1%20%E3%81%8B%E3%81%8A%E3%82%8B&searchAlias=books&asin=B078P2JXT3

繋がり眉毛✨

お顔の脱毛、ご好評いただいております。

 

毎日の処置が大変な男性はもちろん、

メラニンターゲットにしてますから、毛髪以外、シミやくすみにも効果があるだろうなぁと思い、女性にもオススメです!

 

本題ですが、脱毛メニューに、眉間がございます。

実は主に子供さんに向けて用意したメニューです。

 

お友達に指摘されてしまって気にしてる‥

保護者様が毎日剃って処理してる‥

とお困りの方、

眉間だけ脱毛してしまえば、日々の負担はグッと減ると思います。

 

当院では主に一般皮膚科を行なっておりますので、あまり抵抗なくいらっしゃることができるのではないかと思います。

 

ご本人が納得されてないと、なかなか押さえつけてまでは施術できません。

しかし、大学病院でのレーザー外来での経験から、特に女の子は小さくても、

きれいになりたい!

という本人の気持ちがあれば、施術時、びしっと!じっとしていられます😊

 

お気軽にご相談ください。

顔脱毛、開始します。

よく効くとご好評いただいております、

ソプラノアイスプラチナムの脱毛

10月より顔の施術を開始いたします。

 

毎日の髭剃りが苦になってる男性の方、

お顔の毛剃りに通われている女性の方‥

 

お顔の脱毛をなさったら、当たり前と思っていた日々の負担から解放されるかと思います!

 

眉下や鼻下など細かなパーツでも承っています。

鼻毛や耳毛もです!

 

そのほか、胸・腹・背中なども開始しました。

ご興味ある方は是非御声がけ下さい。

f:id:pussinboots71717:20190930155705j:image

 

当院は皮膚科のクリニックです。

皮膚トラブルがあり、他院やサロンで施術をお断りされた方にこそ、脱毛を受けていただきたいと思っています。

(症状によっては当院でも施術を見送らせていただく場合もあります。)

 

・顔や下顎、脇の毛嚢炎が続いている方

・四肢体幹のブツブツとしたしつこい湿疹のある方

・元々アトピー体質などで、毛剃りして皮膚が荒れてしまっている方

 

こういう症状は脱毛で皮膚症状が改善する可能性が高いと考えます。

 

皮膚トラブルがあるから脱毛できない‥

ではいつ脱毛スタートすればいいのか?

 

皮膚トラブルあったら、「処置できませんね」と言われるのではないかと思い、次の脱毛予約日までハラハラと過ごす‥

(私自身、若かれし頃に、エステ脱毛に通い、そんな気持ちになった経験あり)

 

脱毛処置するのに、皮膚状態が良いには越したことはありませんが‥

良くない皮膚状態での脱毛処置で起こりうるリスク(色素沈着、やけど、毛嚢炎など)を踏まえた上で、ご相談の上ご希望があれば、承ります。

 

どうぞご相談ください。

 

 

第118回日本皮膚科学会総会

毎年恒例の皮膚科学会総会に行ってまいりました。

今年は名古屋でした。

 

f:id:pussinboots71717:20190609155315j:image

 

色々な講義を受けてきました。

 

イボ(尋常性疣贅)の治療のガイドラインが最近発表されました。

皮膚科医学会では、令和、初のガイドラインだそうです😊

一般的に一番行われているのは、液体窒素での冷凍凝固術です。

ガイドラインで推奨度が最も高いのも冷凍凝固術です。

志村三丁目皮フ科にも多くの方が、毎週イボに液体窒素をあてに、頑張っていらっしゃってます。

 

それで治る方はよいのですが、難治な方も多いのが現状です。それは皮膚科医の間でも共通の認識です。

 

私は難治な場合には漢方薬との併用することが多く、比較的治癒率は悪くはないように思っていますが、難治な方は本当に難治です。総じて足の裏にできたものは治りにくいです💧

 

難治な方には、他の治療法をご提案できるように、少しずつ物品を準備する予定です。